fc2ブログ

おばあちゃんの味!昔ながらの栗の渋皮煮

Bykahori

栗の渋皮煮


こんにちは、kahoriです。 一旦過ぎ去った金木犀の香りが再び香りはじめました。金木犀の二度咲きはそれほど珍しくないようですが、今年はハッキリと2度目の黄金色の季節がやってきましたね。


さて、今回は栗の渋皮煮を動画と音声でご紹介させていただきました。






最近昔の手仕事が熱いのでしょうか?味噌作りや栗の渋皮煮、紫蘇ジューズ、梅ジュースなどを作る方も増えてきていますね。やっぱり手作りは美味しいので、良い事ですよね。それと同時に、祖母が作ってくれていたものとどこか違うなあ、と感じたりもするのです。忙しい現代人用にでしょうか?梅を冷凍したり、炊飯器ったりと現代風に改良されている点も多々見受けられます。なんと!とても便利じゃあないですか!な訳です。しかも市販品を買って来るよりも身体にも優しくて、何より手作りは楽しいんです。でもでも、やはりどこか味が違うんですよね…祖母の味や昔食べた味と。でも考えてみればそれもそうか〜と納得もするのです。だって1ヶ月以上時間をかけるものが数日で完成してしまう、そこに違いがない方が寧ろ不思議だなーと。

でも、お家時間が増えている今、数十年前へタイムスリップして、昔ながらの手間暇かけた手作りの味を楽しいんみてもいいのではないでしょうか?苦労した分、それはそれは感動の味に違いありません。

そんな訳で今日は栗の渋皮煮をご紹介しています。私にとっては祖母の思い出の味のひとつです。
今は重曹を使うレシピが増えていますが、重曹いらずで作れます。ただし、時間はかかります。でも、でも、でもその分美味しい!!

です!!


動画と声でご紹介しています。(甘さは我家用にかなり控えていますが、昔レシピは贅沢にお砂糖を使いましょう。)機会がありましたら、じっくり栗と向き合ってみるのも良いかもしれません:)







関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.