fc2ブログ

春の知らせと、季節の食養生[雨水]

Bykahori

母の里、新潟・糸魚川から春の知らせ。甘みがあり柔らかな菜花と椎茸、そしてフキノトウ。ここ伊那谷より雪深いのにいつも春がとっても早くて、新潟の叔父も叔母も雪の下から顔を覗かせたばかりのフキノトウを届けてくれるのですが、エグ味が少なくてとっても美味しいのです。

ゴボウのペペロンチーノ風


春ですね。我が家の周りでも福寿草や水栓が顔を覗かせています。

さて、24節気で今は[雨水]にあたります。冷たい雪が雨となり大地を潤す時期です。冬の間地中に眠っていた陽の氣を借りて自然界では草木が芽吹く季節[春]。私たち人間も自然の一部ですので、だんだんと陽の氣が勢いを増していきます。でも、その流れがスムーズにいかないと、イライラしたり、肩こりや頭痛症状となったり、溜まっていたものが芽を出すようにアレルギー症状として表面化してきます。そんな症状を軽くするために、春はとにかくのびのび・大らかに・ゆったりと過ごすのがおすすめです。すると、全身を氣がスムーズに流れやすくなり、不快な症状が軽くすむでしょう。それでもウチ側でこもってる感がある時は、熱を発散してくれるゴボウを使った一品はいかがでしょう?


〈雨水の頃の食養生〉

ゴボウのペペロンチーノ風

ゴボウのささがきや薄切りを塩とニンニクで炒めた一品。我家は、塩ではなく塩麹を使います。その方が旨み甘みがましますよ!


ゴボウのペペロンチーノ風


ここからは、春に作るときのポイントを!

まず、春は特に加熱した油を避けたいのでウォータースチーム(フライパンに材料がヒタヒタに隠れる程度の水を注ぎ、塩少々で加熱する)で調理するのがおすすめです。もしも、重量感が欲しいなら後でオリーブ油やアマニ油をかけるのもいいですね。過度の辛味はアレルギー症状を悪化させるので、ほどほどに。
冬越ししたゴボウなら尚美味しです!ゴボウをじっくり加熱すると甘みが増しますよ。
お箸がすすむ一品ぜひに♡

フキノトウ

新潟からの春は、天ぷらや蕗味噌にしていただきました。春の恵みに感謝です。
皆さんは春の味覚に出会いましたか?どんな味覚に出会ったのでしょう?春、満喫しましょうね。




関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.